▼ バイクの改造について

バイクの改造方法には、以下のような物があります。
一つ目は、「カラーリング」。車体の色を塗り替えるという物で、自分でやる方法と専門店に依頼する方法があります。後者のほうが費用はかかりますが、好みのキャラクターを描いてもらうなど細かい注文が可能です。
二つ目は、「汎用品のパーツを付ける」。バイクのパーツには、車種を問わずに装着できる物がたくさんあります。ボルトオンで装着できる物はあまりありませんが、ステーなどを使えばたいていの物が装着可能なので、簡単にオリジナリティーを出すことができます。
三つ目は、「ボアアップ」。ボアアップとは、排気量を上げることを指します。50ccなど排気量の少ない物でよく行われますが、400cc以上でも車種によってはボアアップキットが販売されていることがあります。
ちなみに、ボアアップを行った場合は申請をしなければなりませんが、見た目では判別できないので、無申請で行っている人も少なくありません。

▼ 持ち物を容易に取り出せるバイク用品の特徴

持ち物をスマートに取り出すことについては、バイクを所有し定期的に乗っている人であれば多数派が考えるようになる傾向があります。
バイクに乗ったままドライブスルーのサービスを利用するときや高速道路の走行途中では、料金を支払う必要があるからです。
バイク用品の特徴 現金などが入った持ち物を即座に取り出すことができなければ時間がかかり、他のドライバーやライダーに迷惑をかけてしまいかねません。そのせいでバイクに乗っている人の評判に影響が及ぶことは好ましくないので、道具選びに一工夫を加える必要があります。
手首に装着するタイプの持ち物収納用品は、小物類をすぐに取り出したいと考えるバイク愛用者にとって最良のアイテムです。停車中には両足で車体を支えることになるので、両手の自由度が増します。この事実を効果的に活用したのが、手首に装着する収納用品というわけです。
なお、雨天でも収納物が濡れることがないように加工された商品を装着すれば、天候を気にすることなく使うことができます。

『バイク 改造』 最新ツイート